スポンサードリンク

2009年12月08日

将棋のタイトルのまとめ

かなり深い将棋ファンでも、現行の将棋のタイトルとその保持者をすべて挙げろと言われたら答えられない人のほうが多いのではないでしょうか?

一般タイトルすべてと、現時点でのタイトルホルダーをまとめてみました。

棋戦名主催者創立年挑戦手合保持者
竜王戦読売19882日制・7番勝負渡辺明
名人戦朝日・毎日19372日制・7番勝負羽生善治
王位戦新聞三社連合19602日制・7番勝負深浦康市
王座戦日経19831日制・5番勝負羽生善治
棋王戦共同通信19741日制・5番勝負久保利明
棋聖戦産経19621日制・5番勝負羽生善治
王将戦スポニチ・毎日19502日制・7番勝負羽生善治


表の上に書いてある棋戦の方が序列が上です。これは将棋連盟が認めるものに従っています。

ぱっと見いろいろな感想が湧くと思いますが、誰もが思うのは「羽生強すぎ」でしょう。7冠すべてを独占していた時期ほどではありませんが、やはりそれでも現在の将棋界が羽生を中心に動いているのは厳然たる事実です。

あと私が思うのは「何で王将戦がこの位置?」ですね。名人戦に次ぐ歴史を持ち、陣屋事件の舞台にもなり、歴代タイトルホルダーを見てもその時代の第一人者が獲得している由緒正しい棋戦というイメージなのですが、公式序列としては最下位なのです。まあ契約金の関係上仕方ないんでしょうけど。

この件など、各棋戦の歴史についてはいずれ詳しく触れることにします。

参加してます。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁・将棋・麻雀へ
にほんブログ村


posted by さんりんぼう at 11:00| Comment(0) | 将棋豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。